3人展

 

 



題名
「FOGHORN3人展@SOZO HAIR & MAKE/交錯する糸とガラス」

展示期間
2013/010/01~2013/11/23

作家プロフィール

「FOGHORN3人展@SOZO HAIR & MAKE/交錯する糸とガラス」

参加アーティスト:奥下和彦/内田有/ミクラフレシア
期間:2013年10月1日~10月23日(開店時間/平日11:00~21:00,土日10:00~21:00/定休日:火曜日)

前回(6/1~7/31)の「ONE LINE」で大きな反響を呼んだ映像作家/イラストレーター奥下和彦がレーベルメイト2人と共に「SOZO」に早くも再登場します。
全国の有名デパートにおける展示やアメリカの文具ブランドCROSSとのコラボレーションで人気のガラス工芸作家・内田有、そして、そのユニークなテーマ性と自由な作風で独自の位置を築いた手芸作家・ミクラフレシアとの見逃せない3人展です。

レコード会社が設立した映像作家&表現者のためのレーベル=FOGHORNが抱える実力者達の作品を是非ご堪能あれ!

奥下和彦
金沢美術工芸大学視覚デザイン科
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻
卒業

1985年生まれ。
2009年に制作した「赤い糸」が数々のコンペに入賞。
2010年にYoutubeにアップロードされた後、現在では再生回数が50万ビューを超える。
その後、ビルゲイツや、ジェームズキャメロンをゲストに招いたTED2010にて上映される。
また2011年よりTV朝日の「報道ステーション」のオープニング映像を担当し、グッドデザイン賞を受賞。
VJとして、capsule、DEX PISTOLS、AKIHIRO NAMBA、NEWDEAL 、COLDFEET などと共演。
ライブペインターとしてのスキルもあり、CMやMUSIC VIDEOの制作、平面デザインなど幅広いスタイルで創作活動中。

内田有
東京芸大美術学部工芸学科鋳金専攻卒業
東京芸大大学院美術研究科工芸専攻ガラス造形研究室卒業

ガラスを主な素材とした鋳造技法でアイスキャンディーをモチーフに制作するクリエイター。
特に、白くまのキャラクターが溶けつつあるアイスキャンディーと一体化した[ cool it ]シリーズでは、白くまが持つ二面性=温暖化により失われ行く自然環境を体現する存在/市場に蔓延するポップな動物キャラクターとしての大量消費社会へのアイロニー、それらを同時に表現することに成功し、アートシーンと新たなユーザーを結ぶ存在として、各界より高い評価を得ている。日本国内は勿論のこと英国、韓国も含め個展・企画展参加多数。

ミクラフレシア/miquraffreshia
Knit or Dieを合い言葉に、手芸という固定概念を破壊し、妄想を指先で現実化する異才。
糸や布、皮のみならず、鉄、アルミ、ワイヤー、ボルト、プラスチックから木類まで、編み、縫えるものなら全てクリエイティブの素材とし、羊毛を染め、糸を紡ぎ、作品を構築する中で、ファッション、アート、広告などのフィールドを問わず柔軟で新たな視点を提案し続けている。
根源的な手芸の楽しさを味わえると評判の、独特なワークショップも要注目。



FOGHORN three @ SOZO Hair & Make/ Thread and glass that mixes


1/10/2013~23/11/2013



Auteur/ Illustrator, Kazuhiko Okushita whose exhibition held in SOZO in June and July which hit a public relations is coming back to SOZO with two other artists for next SOZO exhibition starting from 1st October to 23rd November.
Glass work artist Yu Uchida is famous for its exhibit at reputable department stores and the collaboration with American stationary brand "CROSS"
Fancy work artist Miquraffreshia who establishes an original style with her latitudinous and unique style.