NATSU

2014年9月28日 日曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ

毎日お使いのドライヤー!
必ずついている冷風機能‥

みなさんは使っていますか?
なんのために冷風機能がついているんだろう?と思っている方もいるのではないでしょうか(´・_・`)

実はこの機能!
とても大切なんです
簡単にご説明します

★髪に艶がでる
温風をあてた状態だと髪のキューティクルが開いた状態です。
最後に冷風をあてることでキューティクルが閉じて固まり髪にツヤが出ます

★セットした髪が長持ちする
髪は熱を加えると柔らかくなり、冷ますと固まります。
ブローで髪をセットした時は、最後に冷風をあてると長持ちしますよ(^^)

★強い熱から髪を守る
温風だけで乾かすと早く乾きますが、強い熱で髪を傷めてしまいます。
全体が乾いてきたら、温風、冷風を交互にあてるのがオススメです。

髪は100度以上の熱を感じると痛んでしまうと言われています。
なので同じ場所にずっと温風をあてるのも多少ダメージにつながります
いろいろな場所に移動させて乾かすことも大切です!

今まで使っていなかった冷風、今日からぜひ使ってみてください(^^)

使わなきゃ損です!

NATSU

pic20140928222845_1.jpg

投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2014年9月26日 金曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ

今日は朝から撮影をしました(^^)

可愛いスタイルができた!と思ってもカメラを通してみると全然違って見えたり‥
 

撮影は奥が深いですね!

毎回勉強になります。

またスタイルができあがり次第UPします!

朝早くからご協力いただいたモデルさんカメラマンさんありがとうございました!!

NATSU




pic20140926153901_1.jpg

pic20140926153901_2.jpg

投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2014年9月24日 水曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ



タイに引っ越してしまったお友達が久しぶりに髪の毛を切りにきてくれました。




1年前はこんな感じでした・・・



1年は本当にあっという間ですね・・

気が付いたら1年たっていた、なんてことにならないよう

1年後に濃い1年だなと思えるような日々を送りたいと思います


美容の勉強もしっかりと、人としてもいろいろな意味で成長できるよう

日々頑張ります(^^)


NATSU
 

投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2014年9月21日 日曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ


意外と知らない正しいシャンプー!!!

POINT①

予洗いをする、ぬるま湯を使うこと


まずはぬるま湯で皮脂をうかせます

お湯の温度が熱すぎると、頭皮をいためたり、乾燥の原因、

余計に皮脂がでやすくなってしまいます。

頭皮の汚れはながしで7.8割は落とすことができるので念入りに・・・

全体に水がいきわたったらシャンプーをつけます

いつも泡立ちが悪い方は流しがたりていません。


POINT②

髪は地肌を中心に洗いましょう


髪の毛自体は毎日洗っていればそこまで汚れていません

ごしごししすぎると逆に摩擦でダメージしてしまいます。

油がたまっている頭皮をよく洗ってください

このとき爪でごしごしこすってしまうと頭皮をいためてしまうので

優しく指の腹で洗ってください。


POINT③

できれば夜にシャンプーしましょう

午前3時から朝にかけて髪が成長する際に毛穴が広がっていると言われています

毛穴が広がった状態でシャンプーすると

毛穴に洗浄成分が残りやすくなってしまいます。

朝シャンはせず、夜シャンを心がけましょう



意外と知らないPOINT。

まずはこの3つを今日からはじめてみてください(^^)



http://flowdia.jp/

NATSU






 

投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2014年9月19日 金曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ

艶髪を手に入れるために必要なブラッシングのお話を前にしましたが

間違ったブラッシングで艶を失ってしまっている可能性があります!!!


こわいですね!

ただブラッシングをするだけではだめなんです><


まず、プラスチック製のブラシ・・

これ、実はあまりよくないと言われています。

理由は静電気が起きやすく、髪の毛をいためてしまいます

できれば豚の毛、いのししの毛など天然のものがいいです。



こんな感じのものがおすすめです。



濡れた髪をブラッシング、これもNGです

濡れている髪は弱くダメージになりやすい状態です。

この状態ではブラッシングではなく、

目の粗いクシなどで優しくとかしましょう。



毛先から優しくとかすことが大事です。



ブラッシングは内側までまんべんなく!

とくにロングヘアの方は量が多く大変なので、

髪の毛を少量ずつ取り分けて行うとよいでしょう。

正しいブラッシングは汚れを落とし、髪全体に頭皮の脂を広げ、

つやとうるおいをもたらしてくれる効果があります(^^)


意外と知らない間違ったブラッシングを見直して

つやつやの髪を手に入れましょう!!!



NATSU

 

投稿者 SOZO hair&make | 記事URL