BLOG

2018年2月22日 木曜日

カットしてもお金なんていらない

こんにちは! 


皆様に元気をお届けする美容師TAAです!


先日お財布を失くしたのですがなんと1ヶ月以上の時を経てなんと中の物までぜーーんぶ戻ってきました!


本当奇跡!

お礼を明治神宮に言ったのは言うまでもありません。


ってどうでも良いですね。


先日ですね、若い美容師さんと会ったんですよ。


まー色々と話しているとですね。



「僕カットしても特にお金いらなくて喜んでもらえたらそれでいいかなってー」





?!


もう一度


​?!?


更に聞いていくと



一人の人にじっくりやってあげたい(要するに時間がかかる)



時間がない(じっくりやっているのに?)



忙しい(ありがたいことだ)




でももっとお金はほしい(タダじゃ一生上がらないよ・・)




etc・・





僕こんな顔




まー意外と多いこういう方




そしてその人に「今までお金貰っている人を全員タダにすれば?」



っていうと



「いやそれは・・」



どっちやねん(東京人なのに関西弁)





要するに自信がないところからくる見栄



自分がまだその値段を定価で頂く自信のなさからかっこよく見せたいだけなんです。



安い値段なら、もしくはタダなら満足してくれると思ってる。



だけど既にお金を頂いている方は満足してくれていると思い下げたくない。




何を隠そう若かりし頃僕同じような事を言っていました(笑)




だから気持ちが良く分かる。



本当はちゃんとお代を頂いて満足してほしいんです。



この方くらいの志があるなら別なのですが・・




ミャンマーにある返さなくたっていい図書館



99.9999999%いないですね。





ありがとうの対価



お客様にいくらまで「ありがとう」って言ってもらえるのか?



お金に執着するわけではなく。



お金を先に考えてしまうと結局お金は寄ってこない。



まずは相手に喜んでもらう。



自分のした事でいくらだったら本当に満足して「ありがとう」っていってくれるのか?



まー美容室はある程度お店で値段が決まっています。



僕が働いているところは家賃など色々かかりどうしても高く7560円っていうカット代になります。




ただお客様にはまったくそんな事情は関係ナッシング。



なので



「どうやったら7560円頂いて喜んで頂くか」



「どう価値を感じて頂くか」



これをずっと考えるしかない。



むしろ安いねって思って頂けるくらい考えてやっとだと思います。



安くするから喜んでくれるって考えたら大きな間違いなんですよきっと。




少しでも理解してもらえる為に


SOZOではモデル実習の時には少なからず必ずお代を頂いています。


そこはお店の利益は正直全く考えていません。


少しでも頂く事で



お金を頂く価値

お金を頂くプレッシャー

モデルという考えからお客様という考え



を身につけて欲しいから。


そしてその方がスタイリストになった時に正規のお客様としても確実にいらしてくれやすくなります。




営業後、家に帰って洗うのが面倒とお店で頭を洗っているSHINAにもいつか分かる日がくるはず。
(隠し撮り)





余談ですが・・


最近知っている方もいるかも知れませんがカット代を5万にされた方がいます。



本当にすごい事。


その勇気と覚悟は相当なものだと思います。


そこの価値が分かる方だけ行けば良いとの事だと思います。


僕にはまだその価値は足りてないのでまだまだ勉強します(汗)




投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2018年2月18日 日曜日

セブ島体験レポートその②

みなさんこんにちは!よく食べる子SHIINAです☆

この前はついに、ピザ一枚頼んでおやつのように

ペロリと食べてしまいましたv\(^o^)/

食欲が止まりませーん!!

それでは前回に引き続きセブ島での出来事を書いていきたいと思います








はい、こちらは学校で出た夜ご飯。

毎日違うメニューがでてきますが基本こんな感じです

初めは日本のご飯が恋しくもありました(´^ω^`)

でも人間、慣れてくるのです(´^ω^`)

美味しかったです(´^ω^`)




第二章 いよいよ始まった授業!




授業は先生との一対一のマンツーマンレッスンで小さい教室の中で勉強します。

授業内容は文法・発音・話す練習、など様々でしたが

私は一ヶ月しか滞在できないということと、レベルが低かったせいもあって

文法と発音の授業のみ受けることに。

そして第一日目の授業が開始され。。。

と、ここで問題発生!!


先生が何を言っているか全然わかんない・・・!!


だと思ったよ、なんて思われた方もいるのではないでしょうか笑


そうです!授業の内容は全て苦手な英語

先生と私の二人きりですから通訳してくれる日本人は誰もいません。

ちなみにその時は宿題について説明されていたのですが

私は全く分かっていませんでした。。。(しかもめちゃくちゃ簡単な内容だった)

でもわからないということすら英語で話せないのでOK、OKを繰り返す始末。

汗が止まりません。留学に来たくせにもう逃げる気満々です(。・ ω<)ゞ


しかし!


日本人生徒に慣れている先生は日本人がよくやってしまう

空気を読んだ曖昧な笑顔とやらは見破ってしまうのですね~

分かっていないことは先生達には全てお見通しなのです。


はい、逃げ場ナシ\(^o^)/


というわけで私が本当に納得できてOKを言うまで

辞書などを使って分かるまで伝えてくれたのでした。

これはマンツーマンだからこそできること。

本当にありがたかったです。

こうして初日の授業は宿題を伝える、という内容で終了しました。笑







勉強は一日10時間!?

私の学校では一日10時間毎日勉強することが義務付けられていました。

「まあそりゃ勉強しにきたんだから当たり前よね~」

なんて声も聞こえてきそうですが

いやあ。。。。.私にとってはだいぶ辛かったんです~~~(。>д<。)涙

でもそれを頑張ったからこそ日々成長していけましたし、

なにより授業の意味がわからない、先生がなんて言っているのか分からないという

(けっこうな)苦痛を少しでも軽くするために必死に勉強しました。






ゼロからの語学留学。一番学べたのは発音の力

皆さんRとLの発音の違いは御存知ですか?

YearEar

これは日本人がよく間違ってしまう発音で有名ですね。

皆さん発音できますか??これ、結構難しいんです。

間違った発音で使っていると、実は海外の人達には

Happy New Ear! 

なんて聞こえてしまっているわけです。

意味が全然ちがってきます。笑

言うまでもなく、もちろん私はできませんでした!笑

でもそれは最初の頃だけ。

毎日練習すれば次第にできるようになっていきました。

そして同時に、不思議なことに魔法の呪文のように聞こえていた英語が

ある日突然ハッキリと分かってくるようになってきたのです。



「発音できないものは、聞き取れない」



話すことよりも聞き取る力はとっても大事!

相手の言っている意味さえ分かれば話せないなりになんとかできますが、

聞き取れなければどうしようもないですもんね。

そんな私もまだ先生との会話の間で電子辞書は最後まで無くせませんでしたが、

簡単な雑談くらいなら、身振り手振り使ってできるようになっていました。




先生達とはとても仲良くなれて、

お昼ごはんを一緒に食べたり

授業終わってずっと恋愛話したりしてました(o´艸`)笑






そして学校最後の日には、初日にクーラーが壊れていた私を助けてくれた

あの優しいフィリピン人スタッフの女の子にあの時はありがとう、と

しっかり英語で伝えることができました!

本当に良かった~!!!






↑は卒業式の写真。向こうでできた美人のお友達とぱしゃりヾ(。>v<。)ノ゙



では次の最後の記事では勉強だけじゃない日々をお伝えしますね(*´﹀`*)

あと少しだけお付き合い下さい!



ぜひインスタもフォローお願いします☆

投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2018年2月 3日 土曜日

クレームの本質





こんにちは!


皆様に元気をお届けする美容師TAAです!!


今年一発目からお財布を落としましたが元気にやっております(笑)


今回のテーマにしてみたクレーム。







そう,みんながビビるやつです。



たぶん一度は接客業をしていれば経験はあるのではないでしょうか?



僕も過去に頂いた時があります。



それか仲の良いお客様はスタッフの行為に言ってくれた事があります。



メッチャ凹んだー。



その時はあー失敗しからだー(涙)



などと思っていました。



でも実際は違う所にあったんですよね。




伝説の元CAの方の一言


ある有名なお話



この方、元CAでテレビなどにもよく出ている接客のプロ。



ところがこの方の接客マニュアルには,大体は必ずある



「クレーム対応」



がありません(驚)



そうこの方





「心を込めた接客をすればクレームは発生しない」


って考えています。


その方いわく


ただのイチャモンは別として


クレームの本質はお客様が「自分が重要視されていない事を嘆いている」


と言っています。


確かにそう



僕達のお店で例えるなら


・髪型が失敗した

・シャンプーで服が濡れた

・お待たせした

・髪が傷んだ


まー色々あります。


ただ最終的にクレームになるのはその事が起きる前にすでに積み重なっている不満にあります。



髪型が決まる前、シャンプーで襟が濡れてしまう前までの行動、声がけ、心配り。



お待たせしてしまっている間の声がけ、本当に申し訳ないという想い。



お客様を本当に大事にしたいという想いがあれば声のトーン、行動が変わります。



クレームの時はここがお客様は感じていないのです。



それが続くと最終的に



「そりゃないっしょ」



になってしまうんですね。



クレームを頂いた所だけでなくその過程を見ないといけない。



僕も過去に飲食、マッサージ屋さん、旅行代理店でクレームを言った事があります。



一度怒っていまいました(恥)



思い返せばまったくその通り。



おいおいと思う連続。



大事にされてない感がめちゃめちゃあったからなんです。






お客様はもちろん不満はある




ただここで勘違いしてしまうととんでもない事に。



もちろん心を込めていればクレームにはなりません。



それは


ここまで良く接してくれてるから言うのをやめておこう



って事だと思います。



僕はお客様に対する気持ち(だけ?)は誰にも負けていないと思っています。




だからクレーム自体は個人宛にはほぼ頂いていないです。




ただ言わないでいてくれている。




って思うことは多々あるのも事実。




本当のクレームゼロを目指したい。



ですので・・



まだまだな感じなので何かありましたら軽い不満でもいいのでそっと教えて下さい。




そっと凹み、そっと自分を改善していきます!



TAA


投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2018年2月 3日 土曜日

今月のアート作品

こんにちは! SHIINAですヾ(*´▽`*)

あっというまに2月ですね。早いです!

SOZOでは2月から新しいアート作品が展示されました!




今回はパステル画展です。

一般の主婦の方がなんと60代から始めた絵だそうです!!

独特なタッチでついつい見入ってしまいます。

ご来店の際はぜひじっくりご覧下さい♪







sozoでは展示を希望されるアーティスト様を募集しております。
アートに関してのお問い合わせは担当HAYAまでよろしくお願い致します。

mail : haya@sozo-hairmake.com

投稿者 SOZO hair&make | 記事URL