BLOG

2017年1月30日 月曜日

サービスってどうゆう事だと思いますか?

こんにちは皆様に元気をお届けする美容師TAAです!





僕ですね、サービスするの大好きなんです、喜んでもらえるから!


サービスされるのももちろん好きです、嬉しいから。



先日買い物に行った時ですね、洋服を最後のセーーールーーー!!!!



みたいに大安売りしているわけですよ。


もちろん人もいっぱい。


確かにたくさん売れるんでしょうね。



在庫処分にもなるしまーーお互いWINーWINなんでしょうね・・




でも本当はこう思っているはず



定価で買ってもらってお客様も大満足してもらいたい!



って・・


でも最近洋服はすぐセールになりますもんね。



セール価格が定価みたいに感じてしまう今日この頃。



定価は高いみたいな・・



定められた値段なんですけどね(笑)



安くなるの分かってればそりゃ待ちますよね。



そんでもってセール期間突入




出血大サービスーーー



慣れちゃった僕もいけないとは思うんですが・・



どうも危険な感じが・・



当たり前になったらもはやサービスではないのではないか??




ふと年末ある洋服屋さんにいったんですね。



まー値段もそこそこしたのですがどうしても気になって定価で買ってしまったんです。



あーーあと2週間でセールなのになーっとか思って。



そしてセール突入。



いくらになってるんんだろう・・・



ドキドキ・・



ん、おや?!



いやびっくり!



なんとそれは定価のままなんです!!




結構前から売ってたのに(驚)



新作でもないのに!




安くしなくても売れるということなのでしょう。



僕も買ってたし(笑)



ちょっとテンションあがりましたね(笑)



思いましたよ。



僕達の価値もこうなりたい。



だってみんな努力してここまできたんだから。





サービスって何だ??


サービスって意味を調べてみたんです



サービス

[名](スル)

1 人のために力を尽くすこと。奉仕。「休日は家族にサービスする」

2 商売で、客をもてなすこと。また、顧客のためになされる種々の奉仕。「サービスのよい店」「アフターサービス」

3 商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。「買ってくださればサービスしますよ」

4 運輸・通信・商業など、物質的財貨を生産する過程以外で機能する労働。用役。役務。




「サービス」って一言で言ってもなかなか色々な意味がありますねー。



本質は1,2な気がします。



3は時には必要だけどそれを続けると当たり前になってしまいますね。


1,2も実は当たり前になってる場合も・・



4はちょっとブラックな所ですかね(笑)



僕も良く行くお店なんかで


常連になったらいつも1杯サービスしてくれる

夜営業過ぎてもいさせてくれる


僕もそんな事を当たり前と思っていた節があるので思い直します(汗)



ただもちろん安いのは魅力ですけどね(笑)



安いから行って満足した


すごく満足して更に安くしてくれた
 

下の場合はありですよね。




お客様が喜ぶ事に全力のレストラン


僕実は13年くらい前、レストランで週一回働いていた時期があります。


お金の為じゃないですよ(笑)


一度食べに行ったらそこのサービスに感動してしまい、どーしても中に入ってみたかったんです。



そこはお客様喜ぶ為ならほぼ何でもさせてくれるんです。



一例で言うと・・


誕生日の人がいます。
(それまで数々のサプライズがありますが今回は書きません)



食べた後テラスでデザート。


花びらもちりばめられててイルミネーションみたい。

(ここまではよくある感じ)



良いムードのオルゴールがなります。


そしてテーブルをよーく見るとなんと思い出の写真が置いてあります!



テンション上がった所で奥から花火(今考えるとちょっと危ないかも(笑))



最後に上から花びらが上からまってきます。



100%喜びます!



そしてこの作業の為に忙しい中4,5人動きます。




値段を安くではなく手間をたくさんかけるんです。



でもこれをやるのが本当に楽しい!!




感動してもらえるとこっちもテンション上がりまくり。



毎回色々するのが本当楽しかった。




そして喜んでもらえると思った事を上の人に言うとすぐ



「よし、いいよ」



っと言ってくれます。



気が付いたら2年近くしていました(笑)




何かを変える


サービスをして喜んでもらって僕達も嬉しくなってみんながハッピーになれたら1番ですよね。




僕は紹介してもらった時は昔は割引をしていました。




今は実はしていません(スタイリング剤は差し上げます)



カット代7560円は必ずもらってます。



自信とかよりは自分にプレッシャーかけてます。



だから絶対喜んでもらいたい!



値段じゃないところで。



ダメな時ももちろんありますが(汗)



でもそこを払って来て頂いた方がまたいらして頂く確率は確実に伸びました。



値段じゃないサービス。



何かは分かりません。



答えもありません。



そして伝わらなくてはいけません(ここ大事)



ただただ喜んでもらいたい。



そして僕も喜びたい。



シンプルだけど難しい。



一生追い求めていきたいですね(笑)



今年の僕のテーマは「磨」


何かと考え行動したいと思います。


皆様のご指導ご鞭撻もぜひお願いいたします!


TAA



投稿者 SOZO hair&make | 記事URL

2017年1月14日 土曜日

2018年も人気のハイライト~失敗のないさりげない入れ方~

あけましておめでとうございます!!



トップスタイリストのMASAです。



気付けばブログがだいぶ時間が空いてしまった・・・。


m(-_-)m



年末はとっても忙しかったので、許して下さい笑



それでは今年一発目!



2018年もハイライトカラーは人気がでます!!



と、勝手に予想しております!!笑



外人風のさりげないハイライトの入ったカラーは綺麗です。




そこで今回は失敗のない、さりげないハイライトのオーダーの仕方を、参考までに。














ハイライトをオーダーする時、



写真をお見せするのが一番スタイリストにとってイメージが伝わります。




漠然に『ハイライト』だけのオーダーですと、思ったとおりにならないこともあります。




ハイライトの中でもピックアップする厚さや間隔、入れる枚数によって仕上がりが変わってきます。




明るさの関係上、一回では完成しない場合、何回かに分けてつくっていく事もあります。







こちらのお客様は初めてハイライトをいれて、その3ヵ月後にもう一度いれました。
(最初ベースは10トーンのノーマルカラーでした)





1nd




















ハイライトは薄め、細め、間隔広めです。




3ヵ月後・・・




2nd





















薄め、細め、間隔広めをもう一度。




ハイライトの上にハイライトを入れることにより自然且つ、透明感も増してるのがわかります。




毛先に溜まる明るさも良い感じです♪(o ̄∇ ̄)/




こういった感じに数回に分けて入れることによってカラーの深みもでて、ダメージも気にすることなく明るくする事ができます。




僕は断然こちらのやり方をオススメしますが、




時間がなく1回で明るくする場合も、もちろんやり方はありますのでそこは担当スタイリストとご相談を^^




今年も一年よろしくお願いします!!!














投稿者 SOZO hair&make | 記事URL