SHIINA

2018年2月18日 日曜日

セブ島体験レポートその②

みなさんこんにちは!よく食べる子SHIINAです☆

この前はついに、ピザ一枚頼んでおやつのように

ペロリと食べてしまいましたv\(^o^)/

食欲が止まりませーん!!

それでは前回に引き続きセブ島での出来事を書いていきたいと思います








はい、こちらは学校で出た夜ご飯。

毎日違うメニューがでてきますが基本こんな感じです

初めは日本のご飯が恋しくもありました(´^ω^`)

でも人間、慣れてくるのです(´^ω^`)

美味しかったです(´^ω^`)




第二章 いよいよ始まった授業!




授業は先生との一対一のマンツーマンレッスンで小さい教室の中で勉強します。

授業内容は文法・発音・話す練習、など様々でしたが

私は一ヶ月しか滞在できないということと、レベルが低かったせいもあって

文法と発音の授業のみ受けることに。

そして第一日目の授業が開始され。。。

と、ここで問題発生!!


先生が何を言っているか全然わかんない・・・!!


だと思ったよ、なんて思われた方もいるのではないでしょうか笑


そうです!授業の内容は全て苦手な英語

先生と私の二人きりですから通訳してくれる日本人は誰もいません。

ちなみにその時は宿題について説明されていたのですが

私は全く分かっていませんでした。。。(しかもめちゃくちゃ簡単な内容だった)

でもわからないということすら英語で話せないのでOK、OKを繰り返す始末。

汗が止まりません。留学に来たくせにもう逃げる気満々です(。・ ω<)ゞ


しかし!


日本人生徒に慣れている先生は日本人がよくやってしまう

空気を読んだ曖昧な笑顔とやらは見破ってしまうのですね~

分かっていないことは先生達には全てお見通しなのです。


はい、逃げ場ナシ\(^o^)/


というわけで私が本当に納得できてOKを言うまで

辞書などを使って分かるまで伝えてくれたのでした。

これはマンツーマンだからこそできること。

本当にありがたかったです。

こうして初日の授業は宿題を伝える、という内容で終了しました。笑







勉強は一日10時間!?

私の学校では一日10時間毎日勉強することが義務付けられていました。

「まあそりゃ勉強しにきたんだから当たり前よね~」

なんて声も聞こえてきそうですが

いやあ。。。。.私にとってはだいぶ辛かったんです~~~(。>д<。)涙

でもそれを頑張ったからこそ日々成長していけましたし、

なにより授業の意味がわからない、先生がなんて言っているのか分からないという

(けっこうな)苦痛を少しでも軽くするために必死に勉強しました。






ゼロからの語学留学。一番学べたのは発音の力

皆さんRとLの発音の違いは御存知ですか?

YearEar

これは日本人がよく間違ってしまう発音で有名ですね。

皆さん発音できますか??これ、結構難しいんです。

間違った発音で使っていると、実は海外の人達には

Happy New Ear! 

なんて聞こえてしまっているわけです。

意味が全然ちがってきます。笑

言うまでもなく、もちろん私はできませんでした!笑

でもそれは最初の頃だけ。

毎日練習すれば次第にできるようになっていきました。

そして同時に、不思議なことに魔法の呪文のように聞こえていた英語が

ある日突然ハッキリと分かってくるようになってきたのです。



「発音できないものは、聞き取れない」



話すことよりも聞き取る力はとっても大事!

相手の言っている意味さえ分かれば話せないなりになんとかできますが、

聞き取れなければどうしようもないですもんね。

そんな私もまだ先生との会話の間で電子辞書は最後まで無くせませんでしたが、

簡単な雑談くらいなら、身振り手振り使ってできるようになっていました。




先生達とはとても仲良くなれて、

お昼ごはんを一緒に食べたり

授業終わってずっと恋愛話したりしてました(o´艸`)笑






そして学校最後の日には、初日にクーラーが壊れていた私を助けてくれた

あの優しいフィリピン人スタッフの女の子にあの時はありがとう、と

しっかり英語で伝えることができました!

本当に良かった~!!!






↑は卒業式の写真。向こうでできた美人のお友達とぱしゃりヾ(。>v<。)ノ゙



では次の最後の記事では勉強だけじゃない日々をお伝えしますね(*´﹀`*)

あと少しだけお付き合い下さい!



ぜひインスタもフォローお願いします☆

投稿者 有限会社聡三