MASA

2016年1月28日 木曜日

市販の黒染めが髪の毛になぜいけないのか

こんにちは(^o^)/


トップスタイリストのMASAです。




▲市販の黒染めが髪の毛になぜいけないのか


髪の毛を綺麗に保ちたいお客様の中で最も多く頂いているご質問です。


髪の毛を暗くするには2種類の色素が必要になります。


1種類めはメラニン色素!


これは髪の毛がもともと持っている色素で地毛に含まれています。ナチュラルな黒ですね。


2種類めは酸化染料!


これがカラーには入っていて、更に・・・市販のカラー剤には濃く、そして大量に入っております。


なぜだかわかりますか?


髪質、状態問わず誰にでもしっかり暗く染めれるためです!


この酸化染料は、多ければ多いほど髪の毛にかかるダメージの原因になります。


そして一度、塗ったところは数年たっても酸化染料はなくなりません。


なので黒染めした部分の髪の毛は明るくなりにくいのです。


美容室でのカラーはこの酸化染料の量や種類を調整することができます。


メラニン色素が人工的につくれれば一番いいんですけどね~。
(メラニン色素は綺麗に明るくすることができるので)


天然成分なのでなかなかそうもいかず・・・(-。-;)




▲黒染めをする前の覚悟





だいたい一年間に髪の毛はこのくらい伸びます。


そして





このくらいのロングの毛先は5年前にカラーをした部分が残っているという事です。

更にその間に毛先までカラーを何回かしていることを考えると5年前の髪の毛は数十回カラーしていることになります。

パーマやストレートパーマもしていたらかなりの蓄積になりますね。

(-"-;A ...


そして黒染めをしていたらどでしょう?


5年前にしていたとしても酸化染料は完全にはなくなりません。


一度、市販の黒染めをした部分の髪の毛を再度、綺麗にカラーをすることは不可能ということです。


徐々にカットしてその部分を無くしていくしかないです。


でも髪の毛を伸ばし中だったり切りたくないときに切るのは嫌ですよね。



▲カラーをする時は今後のことも担当美容師に相談しましょう


皆さんに知っていただきたいことは、黒染めをする時はそれなりの覚悟が必要という事です。


ただ就職活動など、やむ終えない時は担当の美容師さんに相談すればカラー剤の調合もいろいろ考えて調整してくれると思うので包み隠さずその辺は話した方がいいと思います。


なにも知らずにやってもらうのとは確実に結果が変わってくるはずです。


綺麗な髪の毛が一番ですからね(^ー゚)ノ



MASA


WEB予約はこちらから

ご新規10%off


投稿者 SOZO hair&make

staff
ブログ WEB予約
出身地 静岡県 函南町
生年月日 1987年 9月8日  
星座 乙女座
血液型 A型
経歴 スタイリスト暦 9年
2008 山野美容専門学校を卒業し渋谷の有名美容室入社
2012 美容に対する情熱と努力で、アシスタントながら多数の顧客を持ち、SOZO史上最速でスタイリストとなる。
得意なスタイル ナチュラルなフェミニンスタイル・ハイトーンのトレンドデザインカラー・躍動感のあるメンズショート 朝の髪に費やす時間を少しでも短縮できるようにと思ってます!!
メッセージ 静岡県出身のサッカー大好き、MASAです。
日本代表戦など観戦に行くことが多くサッカーの話はお任せください。
『女性は可愛く・男性はかっこよく』をモットーに美容師を毎日楽しんでいます!
ブログもよく更新するのでよかったら見てみてください!
趣味 サッカー 美術鑑賞 絵を描くこと