BLOG

2014年10月23日 木曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ

今までカラーのことには多くふれてきましたが、
パーマはどうなんでしょうか?


もちろんパーマにもたくさんの種類があって
薬の強さをコントロールすることで
ダメージだったりをおさえつつ、カールができます。





そもそもどうやってパーマはかかるのでしょうか?
原理はこうなんです。


パーマ液の1剤がシスチン結合を切ります

ロッドを巻いてパーマのくせづけをします

パーマ液の2剤をつけることによって1度切れたシスチン結合が
 またつながり、くせづけした形をキープしてくれます


このパーマ液にも種類があって、主に
チオグリコール酸、シスチン酸の2つが使われています。



髪のダメージの状態や髪質をみながら、
どういった薬剤があっているのかを考えていきます。



せっかくパーマをするにしてもダメージなくやりたいですよね!
ぜひご相談下さい


HAYA


投稿者 SOZO hair&make