YUNI

2014年9月 3日 水曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ

ここ何回かにわたり、シャンプー剤についてお話させていただき、

シャンプー剤を大きく分けると約8割が高級アルコール系シャンプーに分類され、

その高級アルコール系シャンプーに含まれている主成分であるラウリル硫酸ナトリウムについても紹介しました。

このラウリル硫酸ナトリウム

価格が安い面で多くのシャンプーに使われているのですが、
洗浄力が強く、肌への刺激が強いとされいて、
美容師の間では高級アルコール系以外のシャンプーを使う傾向にあります。

最近はヘアケア用品以外の成分も気になって調べるのですが、
実はこのラウリル硫酸ナトリウム、歯磨き粉にも入っている成分なのです。
(僕の家の歯磨き粉もラウリル硫酸ナトリウムが成分として入っていました)

試しにラウリル硫酸ナトリウムが入っていない歯磨き粉を使ってみたのですが、

何とも磨いた感が無くて、爽快感ゼロ
言い方を変えればとてもマイルドでやさしい・・・。

歯磨き粉も、ラウリル硫酸ナトリウムで磨き心地としては、爽快感があるのでしょうが、少し洗う力が強い、ということになりますね。


話が逸れましたが、このシャンプー、逆に言えば適度に洗浄力があるので
ご自宅で使い易い側面があります。泡だちも良いので、面倒なこともなくシンプルにお使いいただけるものになっています。

一般的に、サロンのシャンプーは優しいので、最初にシャワーで水洗いを多めにすることが大切だったり、また、過度についたワックスなどを1度で落とすのは難しくなります。

ただその分カラーの持ちであったりコンディションであったりとメリットは多いです。

このように、一概にどちらがいいということではなく
使う用途で判断するのがよいと思います。

私個人的には、ワックスで毎日セットするので、最初にさっと洗うときは
高級アルコール系で。2回目に地肌までしっかり洗うときは両性界面活性剤系で洗髪をしています。

最近はシリコンが駄目だというお話もありますが、すべて悪いのではなく、
今回のシャンプーのように用途によって大きく変わります。

これは次回にお話をしたいと思います。

では皆さんもそれぞれの用途に合わせてご自身にあったシャンプーを使ってみてください。

YUNI



 


投稿者 有限会社聡三