BLOG

2014年8月 6日 水曜日

青山・表参道にある大人に人気艶髪美容室SOZOブログ

日差しが強いですね。

肌と同じで、紫外線が髪へ与えるダメージはとても強いです。





紫外線を浴びた髪の毛がダメージする理由

紫外線は1つのエネルギーで、水分や酸素と反応して活性酸素を発生し、肌や髪を酸化(老化)していきます

活性酸素にはスクワレンやコレステロールと反応して、過酸化脂質という悪玉のオイルを作ります。

この悪玉のオイルは肌の細胞を傷つけて炎症を起こします。

また、紫外線を浴びた髪は乾燥しやすくなってしまったり、硬くなります。

日光があたり表面がぼろぼろになったタイヤと同じで、紫外線を浴びた髪は硬化し、乾燥しやすくなり、キューティクルが反り返り、剥がれやすい状態になります。

カラーやパーマをされる方は、特にこの時期、出掛けるときの髪のケアをオススメします。

家ではシャンプーやコンディショナー、外へ出るときはトリートメントを使ってケアしていただければ、いつもより良い状態でカラーやパーマスタイルをお楽しみいただけると思います。

 


投稿者 SOZO hair&make